スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自殺をとめるということ

ちょっと真面目に

今日は学校にてゼミがありました
私の担当教授は現在自殺対策にも手を出されていて、今日はそんなお話をされていました


現在日本では年間の自殺者が3万人を超えているそうです
これはたまにニュースになるから知ってる人も多いと思います
10年間も3万人超えをしている日本

これはアメリカの年間自殺者とほぼ変わらない数値だそうです(日本のほうが若干高い・・)
でも人口は約2.5倍もアメリカの方が多いんですよ

なのに日本はアメリカ合衆国と同数の人が、自ら命を捨てていってしまいます
そして先進国ではロシアについで2番目に自殺者が多いのです


大変なことですよね

この自殺者の人たちが及ぼす年間の経済効果はおよそ2.3兆円
これに対し政府は自殺対策に100億円の予算をつけたそうです

でもまだまだ間に合っていないのが現状であり事実です



自殺
どうしたらとめられるのか

大きな課題だと思います


もし自殺を考えている人がいれば、誰かに相談してほしいし、周りの人もとめてほしい



今は不況で、リストラも当たり前のようにされてしまいます・・・
果たしてどうやっていけばいいのか
経済的に裕福だから自殺が少ないなんてありえないと思います

日本が抱える問題は日に日に増えていくばかり
自殺にしろ虐待にしろ殺人にしろ


臨床心理士を目指すということは、カウンセリングや検査をとれるということだけではなくて
気づきながらも放置されてきていた問題にどう対処していくのか

日本が心理士を上手く活用できるようになればいいなと思った今日の話

コメントの投稿

非公開コメント

自殺と鬱

確かに深刻化してますね。
自殺の背景に鬱になって苦しむ人の増加にも着目する必要があります。
鬱って平常に戻ったときに「何であんなに落ち込んだのかな」と自分でも説明が付かないのですが、そうなっているときはひたすら内側に向かっているので、なかなか自分から+の方向に行くのは難しいのかもしれない。
良くなるきっかけを与えられるといいな。

はじめまして

確かに自殺問題は深刻ですよね
韓国では有名な俳優さんが多く自殺してるし…。
広告エリア 2
ご来店は
カテゴリ
ご訪問後
おきてがみ
旅行の下準備

出発地


目的地


出発日







国内格安航空券
国内ツアー
海外格安航空券
海外ツアー
Travel.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。