スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きるか死ぬか、それが問題

15歳の女の子が自殺
そんな話を聞きました。



個人的には
死にたいなら死ねばいいと思うんです
生きるも死ぬも本人次第


生きてたら良いことあるよなんて…生きてみないとわからない
そんな希望もてないんですよね


私たちは狭い狭い世界で生きてて
そこから抜け出すのは難しい

周りなんて気にしないって言っても
結局気にしてる人がほとんどです

だって嫌われたくない
寂しくて嫌なことがあるから死にたくなるのに
自分からはみ出して嫌われたくないんです、これ以上


何かから救われるには終わらせるしかないんです

それが命という選択だっただけ


死ぬ勇気があるなら死んだつもりで頑張れ

そんなの無責任です


家族が悲しむよ

本当に?


自分だけの命じゃないよ

だから?


だって何もしてくれない
嫌なことがいっぱいの世界
理解してくれない友人
気づいてくれない家族
動けない現実

まさに死んだほうがマシ


もしも
ほんとうに三途の川があるなら
生きてたらよかったって後悔するかも

もしも
幽霊になったら
生きてたらよかったって後悔するかも


それもわかんない



私は死にたいなら死んだらいいと思う
でも相談されたら必ず止めます
様子がおかしかったら必ず話をききます


死なれたら困るの私が。
毎日思い出さなくたって忘れられない
もっと出来ることがあったんじゃないかって後悔する
気づいてたのにって、気づいてあげたかったって後悔する

だから止めます
今日は生きてってお願いします
今日は死なないって約束します



死にたいって思う時は1時間くらい考えてほしい

なんで死にたいのか

コメントの投稿

非公開コメント

No title

言いにくいことをズバッと書ける希さんすごいなぁって思いました。
自分も同感なんですけど、一方いわゆる鬱状態の時って理屈以上にマイナス思考に傾向しちゃうんですよ。そこから抜けると、なぜそうだったのか自分でも説明ができないとかね。
そうした病的なことや理由の数ほど、対応もさまざまで意見も変わってくるかもしれませんね。
広告エリア 2
ご来店は
カテゴリ
ご訪問後
おきてがみ
旅行の下準備

出発地


目的地


出発日







国内格安航空券
国内ツアー
海外格安航空券
海外ツアー
Travel.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。