スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙が出る支援の現状

最近はどこにいても地震の話で持ち切りです
震災という深い谷から這い上がろうとしている日本

同じ院生と話していたときに、涙が出るような話を聞きました


アフガニスタンのカンダハル州の市長から今回の震災に対して義援金400万円を送ると表明があったそうです
アフガニスタンは内戦が多く近年ニュースでもよく取り上げられた国として、記憶に残っている方も多いと思います
今回、これまで日本がアフガニスタン復興に対して、道路整備や学校設立など支援をして来た恩返しとして義援金を送りたいとのことでした

市長から400万
これを多いと取るか少ないと取るか・・・人それぞれかもしれません

しかしアフガニスタンの生活水準では、1日2ドルの日給
日本円で言えば200円もない訳です

そんな国の人たちが、恩返しという名で400万円の義援金を送ってくれる


有名人の方々からの義援金だって、企業からの義援金だって、日本国民からの義援金だって
同じお金です
被災者からしたらどちらも有り難い応援

それでも・・・それでも、同じ価値ではないと思います


ニュースで散々義援金をいくら送るという話は聞いていました
すごいな、ありがたいなと思うことはあっても、泣きそうになったことはありません

このアフガニスタンからの400万円
話をしてくれた友人も、聞いている私も涙が出そうでした


誰かがしてくれた行動が、日本という国の印象を決める
そして日本が困ったときに応援してくれる
素晴らしいことです

こういった優しさに触れると、自分も優しくなれるような気がします



石原都知事は「天罰」
菅総理大臣は「死ぬ気でやれ」
といいました

政治批判をするつもりはありませんが、原発の対応に追われている人は死ぬ気でやってると思います
相次いで起こる震災、1~4号機での爆発
対応が後手後手とはいえ、精一杯やっていたはずです

市民・国民のトップとしての役割をもっと自覚し震災への対応をとって頂きたい

コメントの投稿

非公開コメント

アフガニスタンからの義援金

そのとおりですね。
アフガニスタンへの支援をしたのは、僕ではなくだれかです。ですが、それでも非常にうれしいことですよね。
僕もなにかできることがあるかもしれないです。僕がしたことで、他になにか良いことがあれば、すごくうれしいです。

No title

500円募金したけど、それが小さく思えてきた
広告エリア 2
ご来店は
カテゴリ
ご訪問後
おきてがみ
旅行の下準備

出発地


目的地


出発日







国内格安航空券
国内ツアー
海外格安航空券
海外ツアー
Travel.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。