スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一工夫でひと味違う パート6

3連休も2日目ですが、皆さんお出かけしてますか???
私はガッツリ働いてますが、3連休もあれば遊びに出かけてる人も多いはず

そこでもっと早くに教えてよっていう感じですが、とりあえず第6弾をやってみます


何でしょう
何が良いですかね?
皆さん知りたいことはなんでしょうか


今回はカメラ機能について行ってみましょう
えぇ今更でありながら、どうでもいいかもしれませんが第6弾ですしね



まず写真と言えばカラー
そうですね間違ってないし、カラーは科学の進歩の象徴ですし

でもカラーの写真はみんなが撮るけど白黒だったりセピアだったりはほとんど撮らないですよね

でも写真展とか行くと、白黒の写真に心惹かれたりしませんか?
テレビのCM(ビールのプレミアム)でもビールだけがカラーで人は白黒

そういうCMって目につくし、他のCMよりも印象に残ると思うんです


つまりカラーで撮る写真と、白黒で撮った方が面白い写真、1色だけの色で撮った方が綺麗な写真
場面で色々違ってくると思うんです

例えばお花
花を白黒で撮っても面白くない
やっぱりお花はカラーが良いと思います

でも町並みとか人は白黒の方が面白かったりします

後は空とか・・・空が白黒だったら
明るい朝の空なのか、それとも夕暮れの空なのか色々想像できますよね

つまり白黒の良いところは想像できるところ
だから一人一人が色を想像したり、その情景を想像することで楽しみ方がとっても増えるんです


カラーも良いけど、カラーは想像力をあまり必要としません

例えばアニメと漫画とか良い例でしょうか?
アニメだと与えられた情報をそのまま受け取り考える必要がないので楽
漫画だと画像としては情報を得れるけど、キャラの声は?服の色は?町の色は??

ほら想像することが沢山あるでしょう?


写真もそういう風に考えて撮ると面白いかも
せっかくあるカメラの機能なので、常にカラーじゃなくて時間があるときには色々な機能を駆使したら
自分の写真コレクションもひと味違うものになるかもしれません


最近流行のフォトブックにして自分だけの写真集を作るのも良いかも



あの富士フィルムだからネットでも安心して注文できます
しかも印刷料金がちょっとお安めです

スポンサーサイト

一工夫でひと味違う パート5

おつかれですね
なんか気疲れ?でしょうか・・・お疲れです


という訳でついに写真の記事も5弾とあいなりまして
今日もお外ネタで行きたいと思います


この記事楽しみにしてくださる方もいるみたいなので
張り切っていきまーす

さて今日は自然を撮る場合
木が大きくたっている時って、圧倒されたり面白くて写真にとることないですか?

そういうときはどれくらい木が大きいのか写真に撮るだけじゃ不十分です
例えば・・人間と一緒に撮ると大きさが分かりやすいと思いますよ

木だけじゃなくて、食べ物でも置物でもいいんですが
大きさを伝えたいときには、大抵の人が思いつく大きさのものを比較に撮るのが良いと思います


よくタバコの箱とかと一緒に写真に撮っているのを見かけるかと思いますが、
あぁいう風にすると分かりやすいですよね


特に自然の場合はタバコでは見えないので、人間とかを撮るといいと思います
前でピースしてもいいし、通行人を邪魔にならない程度に写してもいいし
そこは分かりやすいようにしたげてください



ぜひぜひ大きなものを撮るときは、比較しやすいものを一緒に撮ってあげると見てる人にも分かりやすいので
お試しあれ


では今回は短いですが、これで終わりでーす

一工夫でひと味違う パート4

いやー寝ようと思ったんですが、お風呂入ったら目が覚めまして・・・
久しぶりに写真テクの記事アップしてみます

もう第4段ですからね
続いてますね

実際に使ってくれている人っているのでしょうか?
まっ思い出したら使ってくださいね


さてさて今回のお題は何にしましょー
だって結構ポイントは紹介したので、あんまりネタがないんですよねー

でも頑張りましょう
読んでくださいね

皆さんは日々カメラを持ち歩いているのでしょうか?
旅行に行くときだけとか、友達との飲み会のときだけとかそういうの?
それともお散歩にさえ持ってくタイプ??

いろんな方がいるとは思うのですが、今回は写真もお外ネタで行きます


もう9月です
秋といっても過言ではない暦になりました

となると楽しみなのは食べ物もですが、なんと言っても紅葉
近畿に住んでるもので、京都とか奈良とか紅葉スポットは多くあるのです


紅葉の時にはカメラ持ってきますよね
でもせっかく綺麗に色づいた葉っぱも写真に撮って現像すると
色ボケて見えたり、暗く見えてしまったことありません?

なんか真っ赤とか黄色とか綺麗な色だったのにくすんでしまってる感じ
もったいない

せっかくですから、綺麗なものは綺麗に撮ってあげましょう


ポイントはバックに空を移すのではなく、ちょっと暗めのバックを選ぶこと
青と赤のコントラストって綺麗かもしれないけど
青だと明るすぎてせっかくの紅葉が色落ちしてしまうのです

だからちょっと暗め・・たとえば後ろに木を移してみたりね
で前も出てきた露出補正(写真)(クリックすると意味が出ます)を落として、撮るときにも暗めの設定にしてあげること

そうすると赤が綺麗に移ります
ほら赤と黒のコントラストって、赤が映えてとっても綺麗でしょ?


ぜひ露出補正 (写真)などカメラの機能を使いこなして、この秋は紅葉狩りにいきましょー

一工夫でひと味違う パート3

やってきました
カメラネタ
こないだの記事に楽しみにしてます的なコメント頂いたので張り切っていきましょー


さてさてフラッシュだのなんだのと書いてついにパート3です
今回は何で行きましょーかね?
これ見てくれてるってことはブログしてると考えて・・・ブログに写真とかアップしたりするんですかね?

私記事書いてる割にアップしてないんですが、皆さんするんですか??


まぁするってことで今日は進めましょう


ブログにアップするってことは
写真がちっちゃくなるってことですよね
となると・・どれだけメインが大きく綺麗に伝わりやすくなってるかがポイントだと思う訳です!

でもただ真ん中において大っきくとっても可愛くない・綺麗じゃない
と満足できない写真とかもあるはず


そこでそこで写真の撮る構図?のポイントとしては
一カ所あけること

え?
わかんない?

んーと例えば・・・・・・ブログだからご飯とかとるのかな?
となると、お皿にレンズを近づけて
左上は空間にしちゃうとか、右上は空間にしちゃうとか

そうすると写真にも遠近感がでて綺麗に見えます
後は縦で撮ってみるのも工夫ですよね


写真ってどうせ撮った人とか行ったことある人とかにしかその場の雰囲気とかあったものとかわかんないじゃないですか
だからちょっとでも立体感とか遠近感を出してあげるとプロっぽく見えるかも


それから、いくら人じゃないからって料理もフラッシュたくと微妙な仕上がりになるので要注意
出来れば窓際とか自然光が入るところで撮ってみるとか、
レストランでちょっと暗めのオレンジ照明なら、カメラ自体の感度を上げてあげるのがいいと思います
特に白いお皿で白いテーブルクロスとか同化してしまうので気をつけて

どこで操作するかって言うと
ISO感度とか、露出補正ホワイトバランスっていうのがあると思うんです(携帯だと・・・デジカメモードでホワイトバランスとかシーンセレクションとか?詳しくないのです;;)
そこで少し感度を上げてあげると全体的に明るく写るので美味しそうに見えますよ


でわでわ沢山アップして、教えてくださいな
拍手とかコメントあれば続くやも

一工夫でひと味違う パート2

 やってみましたパート2
需要があるかはわからないけど供給します

前回は望遠や広角についてちょこっと触れたので、
フラッシュについて触れてみようかと

フラッシュって皆さん使いますか?
私は・・あれ?ほとんど使ってないかも

夜にご飯とか食べにいってフラッシュたいたら微妙な写真になったことありませんか?
そう、お店のオレンジっぽい照明とフラッシュの真っ白な照明が喧嘩して微妙な写真に・・・・


後で見返したときになんの雰囲気もない写真になったことが多々多々多々あります


そこで活躍するのがフラッシュです


フラッシュってカメラから出るから正面からの光になっちゃいますよね
そうなると真ん中に光が行くから、お店の照明なんかが一瞬飛んじゃうんです

なので、フラッシュはオートじゃなくて場面でこまめに設定を変えてみましょー

夜の居酒屋さんとかレストランとかカフェとか
オレンジの照明が多いと思うんです
その雰囲気を壊さないように、室内でのフラッシュはしないほうがいい(私の好みですが・・)


じゃぁどんな時にフラッシュをたくのか
それが問題


例えば昼間
えっ光あるって?

でもでもお昼がオススメなんですー

フラッシュ無しで写真をとると、周りは明るいけど
顔の部分とかが陰になって少し暗めに移ったりとかすると思うんです

はい!フラッシュくん出番です!!

ここで正面からのフラッシュがたかれることで、顔にライトがあたりますよね
そうすると顔が明るくなって、周りの背景よりも撮りたいものが明るく見えて綺麗に移るんです

フラッシュをたくタイミングに注意をすると写真も一気にグレードアップ

ぜひぜひお試しあれ
広告エリア 2
ご来店は
カテゴリ
ご訪問後
おきてがみ
旅行の下準備

出発地


目的地


出発日







国内格安航空券
国内ツアー
海外格安航空券
海外ツアー
Travel.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。